忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/19 03:27 】 |
壺祭り(春)に行ったよ
壺祭りってなんぞや?

山口県は防府市で、年二回開かれる陶器市、と言ってしまえばこれで解説が終わる(笑)
でも、なぜか普通に陶器市というには割り切れないものがある。確かに陶器は売っている、規模もそんなには大きくない、地元の窯元は十に満たない、街を上げての陶器市が見たければ、有田にでも行くのが正解だ。

なんで壺なのかって? そりゃ、これを見てもらえばわかる。takotsubo.jpg

つまりはタコツボである。
防府市の末田・堀越地区は本当に海と山が迫っているところで、良い土が取れ、海からの需要もあったので蛸壺から焼き物が発展したのだ。確かに藩からのテコ入れもあったようだが、初めから器としての焼き物を求められていなかったところが萩とはぜんぜん違うところである。

自然発生的に器へと移行していったところが、このリベラルな雰囲気を醸し出しているのだろう。
ここでは陶器のほか、木製品・ガラス製品・布製品・鉄器・竹細工・アクセサリー・アジア雑貨・地域の特産品(秋ではないので新米がないのが残念)・・・地域の農家のおばちゃんによって作られた漬物まで、なんでもござれである(後述するが、地域も様々である、有田や萩、遠くは中部地方の焼き物もある)。
堀越窯の売店では焼き物の材料まで売っている、モチロンポータブルの焼き窯さえある。kisetsumono.jpg

ワタシは今回、お茶碗が買いたくて行った。自分用の小さなお椀と、来客用(自分でも使うが)の少し大きなものが欲しかったのだ。金に糸目はつけぬ・・・と言ってもお茶碗である。貧乏人のワタシにはとても3000円以上するお茶碗は買えない、2000円でもちと躊躇する。よっぽど強いImpressionのモノでないと買えない。
2000円までと頭の中で設定して、とりあえず全部回ってみた。

今回お気に入りの窯の方が未参加なので、贔屓目はナシである。
お金のことは考えず、印象深いものをブックマーク・・・とはいえ、買えないものは買えないわけだから、少しずつ除外していって、2000円以下のものを中心に見ていくと、いやぁ・・・ナカナカない(^。^;)
というか、思ったよりお茶碗の選択肢が少ないのが困った。形にはそんなにこだわらないのだけれど、一番手で持つ食器だから、ザラザラした触感のものよりもすべすべしたモノのほうが個人的には好みだったのだが、触ってみた印象がちょっと違うってものがやっぱり多くて、なかなか決められない。

その間にも、煤箸に引かれてつい買ってしまう。susuke.hashi.jpg
こちらのお店の方は、滋賀から来られているようで、信楽の焼き物の他、囲炉裏端から集めた煤けた木材・竹材を使った木製品を出されている。長年いぶされて水分が抜け、その代わり煤と煙と脂が入った材はすごく味があって一発で目が吸い寄せられた。
煤箸・・・1500円、京で買えば倍はする・・・売る方も買う方も関西人。値切ってもよいが、値切るに必要のない値段、ああ、呼ばれたんだなと実感する。何種類か出してもらい、一番手にしっくり来るものを所望。これでお茶碗があれば完璧だ・・・

でも、肝心の茶碗が決まらない・・・茶碗買わないで、こんにゃく買う、コロッケ買う、魚ロッケ買う・・・ああ、食べ物ばっか(^。^;)
諦めて妥協しよう、外見よりも値段で選ぼう、と思っていたところで、上の会場に帰ろうと思ったところだった。
この翠を見た。
midori.jpg日に照らされ、翠がキラキラと映え、ものすごく綺麗だった。どうせ高いのだろう?と手にとったところ、値札が・・・800円??
本来1600円する椀が、発色の悪いせいで半額になっていたらしい、使用には問題ないし、ワタシにはそこまでの違いがよく分からない、単に綺麗だということで十分だ。大きめのお椀は正規通り1600円するが、合わせても2400円である、手触りも大きさも、色も一番しっくり来る器であった(モチロン値段もネ)。猫が頭を抱える絵柄の小皿と合わせて3000円、まあ、いい買い物だったのではないかと思う。

その後も他のところで小皿を二つ買ったのだったが、それについては別にエピソードはない。ただ、前日前々日の仕事の疲労のせいで、膝も腹筋もダメで、駐車場に向かうスロープで、膝を押さえて立ち止まることになったのがちょっと辛かったのである。ああ・・・歩いてこなくてよかった、帰りが地獄だったろうな・・・(^。^;)b8fce718.jpeg

拍手[7回]

PR
【2010/04/25 17:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<山スカート | ホーム | 4月はお花見日和>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>